さて前回の続きです。まずは前回のまとめから、年齢層だけ比較するとan50%強、バイトル61%強、フロムエー50%強でした。それでは属性を見てみたいと思います。

■an(2015年ユーザープロファイル東海から抽出)

スクリーンショット 2015-11-25 10.59.19

■バイトル(株式会社ディップ公式ページから抽出)

img_006

■フロムエー(フロム・エー ナビ ユーザー属性調査より抜粋)

スクリーンショット 2015-11-25 11.04.35

学生:an34%、バイトル44%、フロムエー34%強

アルバイト・パート・無職(括りはざっくりですね(笑)):an31%、バイトル30%、フロムエー45%強

主婦:an14%、バイトル不明、フロムエー8%強

という割合になります。年齢層から考えても各社の媒体の特徴はざっくり下記になるかと思います。

■結論

an:バランス型、主婦に強み

バイトル:若者向け、学生に強み

フロムエー:バランス型、フリーターに強み

 

いかがでしたでしょうか?大きくみると特徴は上記のようになりますが、個々の自称でみるともちろん職種や掲載のやり方によりこの数字は大きく変わってきます。その場合媒体の強みというより原稿の工夫が重要になってきます。また原稿については個々の事例を基に検証してみたいと思います。