新卒の面接で良く聞く話ですが、

【スターバックスコーヒーでバイトしてました】

と店舗名でバイトの話を聞くことが多いです。
【カフェでバイトしてました】
とは言いません。

この意味する事とは何でしょうか?

若者の考えとしては、
スターバックス=教育がしっかりしている、顧客に併せたオリジナルの接客
が就職活動に役に立つと考えているようです。

若者のアルバイト志向性として株式会社インテリジェンスが出しております、若者白書を抜粋してご報告します。

◆大変でも働きたいアルバイトは?
①将来の仕事に役立つ、就職につながる
②同僚の仲が良い
③マナーが身に付く(ほぼ①と一緒ですね。)
④人から感謝される
⑤レアバイト(友達に自慢できる)

つまり今回の結論としては、学生さんをターゲットにするなら
お店ならではの接客スタイルや教育方針をしっかり原稿に反映する事

またその体制が文章ではなく暗黙知なら、営業員がしっかりヒアリングを行うことで
良い学生さんが応募に来て頂ける可能性が上がるかと思います。