人不足があちこちで聞かれる昨今。受け身の求人ではなく攻める求人が流行っております。

攻める求人を新旧を見てみましょう。

◇旧

転職スカウトメール

路上スカウト

ヘッドハンティング

こんな所でしょうか。旧と言っても昔からある手法なだけで、それが悪いわけではありません。

むしろ昔から長くあるという事は、効果のある証かと思います。

 

◇新

①LINEバイト

LINE上で応募者やり取りできるLINEバイト。

実は登録をすると、タイムラインに上がってきたり、トーク画面に特集記事などが上がってきます。

また不定期ではありますが、プッシュ通知による通知も行ったり様々目にする機会を増やして応募を促す仕組みです。

 

https://baito.line.me/

②転職ドラフト

最近話題になりました。転職ドラフト。

ご自身の希望年収と仕事スキルや内容を記入した上で、企業側がドラフトをするサイトです。

リブセンスさん話題性のあるいつも良いコンテンツ作りますね。

https://job-draft.jp/

 

③リファーラルリクルーティング

いわゆる縁故採用を、もっとシステム化した方法です。紹介しやすいように、知合いにメールを送ったり、SNSで拡散したり、紹介者にインセンティブを与えたり、紹介のハードルを低くすることで採用を進めます。

他にも新しく攻める求人が増えております。媒体だけに囚われず、採用も営業と捉えると活路が見えて来るかもしれませんね。